スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーズを作りました。

gsit.jpg

近々クジラが案内してくれるSIMというのが、とてもロマンチックなところで、デートにぴったりな公園や、結婚式場もあります。
当然、ツアーライドも、たくさんの女性のお客さんをお迎えするわけですが、ここで問題が…。

SecondLifeのアバターは、あらかじめ持っているか、または用意してもらった以外のポーズは取ることができません。
例えばクジラの背中のような、平らなところに座るポーズは、初期状態では胡坐しか用意されていないので、ミニスカートだろうがなんだろうがおかまいなしに胡坐をかかされてしまうのです。
そこで、女性向けに上品な座りポーズを物色したのですが、まず無料のものは品質的に残念なものが多く、かといってよいものは高価だったり、譲渡できなかったり(今回はクジラに組み込んでともだちに納品するので、ポーズもまた譲渡可能でないといけないのです)。

仕方がないので、1日がかりで自作しましたよ。

使ったのはPoserというソフト。
定価は1万円ほどする市販のソフトですが、何年か前に旧いバージョンを無料で配布するキャンペーンがあって、首尾よくゲットしたものです。
そういうわけで、私の持っているのはバージョン5(現行の日本語版最新バージョンは7)。

ものすごい高機能のPoserを使って、SecondLife専用のフィギュア(人体)を読み込んでポーズを作るだけという、まさに宝の持ち腐れ状態ですが…。

Poser 7 限定キャンペーン版 for Mac OS XPoser 7 限定キャンペーン版 for Mac OS X
(2008/12/05)
Macintosh

商品詳細を見る

スポンサーサイト

対策の大作

ツアーライド

ともだちのSIMのツアーライド、スクリプトもようやく大詰めです。

なんといいますか、毎日のようにいろいろ新しい発見がありますねー。
ネットで検索して、おお、こんな関数もあるのか、みたいな。



初心者なりにいままで書いてきたスクリプトは、もっぱら「オブジェクトの持ち主が一人で操作する」ことが前提でした。
自分の持ち物であれば、予想外の使い方はしないし、もしなにか障害が発生しても、持ち主の権限で対処できます。

しかし、今回はSIMの来訪者、しかも複数のお客さんに快適に利用してもらうため、いろいろな事態を想定しなければなりません。

混雑を防ぐため、クジラを一度に何頭も出せないようにするとか。
出したクジラが乗られずに放置されたときの自動消去とか。
進路へ進入したものに、時速400kmで衝突したときの復旧とか。
…なにしろ数十トンのクジラですから、衝突したら軽くSIMの反対側まで吹っ飛びます。
まあ、何をやっても怪我もせず、痛くもないのがセカンドライフのいいところ…。



ううう、なんか考えるたびにスクリプトが膨れ上がってゆきます…。

仕事始めはスクリプト。

お正月にセカンドライフにログインして、なつかしいともだちといろいろおしゃべりしていましたところ、「ツアーライドとか作らない?」と言われました。
とあるSIMにある、その人の作った施設を順に回って、チャット画面に説明文を流すというものです。

ガワは、すでにある白いザトウクジラのMigalooで内定。

クジラがSIMを周回するスクリプトは、Migalooも含むMIGRATORシリーズで作りましたし、移動しながら観光案内するスクリプトは、100mangokuの用水めぐりで作ったものがありますので、このあたりをちょいちょいといじれば楽勝…ということで、いいですよいいですよと返事をしました。

「どんなところを巡るんですか?」
「それがね、高度500mのところのほかに、高度2,515mのところが…」

え?



SecondLifeでは、近隣の景観を壊さないように、あるいは、赤の他人に私邸を簡単に覗かれないように、空の高いところに建物や施設を作ることがあります。
アバターは、どんな高度でも一瞬でテレポートできるので、移動に困ることはありません。

が、テレポートでなく、オブジェクトに乗って移動となると…ちょっと話が違う…。

ちなみにアバターを飛行させて実測したところ、2,000m上昇するにはたっぷり2分かかりました。時速60kmくらいですね。
なにもない空間を飛ぶには、ちょっと退屈な時間の長さです。
下降のほうは、ただ墜落すれば40秒ほどですが、オブジェクトごと落とした場合、地表やほかのオブジェクトに激突して弾け飛ぶ始末。

さあ、どうする。

以前、インワールドのどこかで、ロケットの打ち上げが体験できるSIMのあることを聞いたことがあります。

そこで。

お客さんの乗ったクジラを、ロケットのように打ち上げることにしました!
2,500mの上昇するのに、1分かかりません!
速度は最大で、毎時400kmを超えます!

…クジラなのに。



あ、もちろん、スクリプトで物理的な力を加える命令を実行するだけなので、音も炎もありませんけどね。

墜落

ただいま、試行錯誤ちゅう。

あけましておめでとうございます。

2010年賀

今年もよろしくです。
プロフィール

儒艮堂店主

Author:儒艮堂店主
SecondLifeで、建築物、樹木、タイニーアバター、海洋生物などを製作中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。