スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スジイルカ

スジイルカ

スジイルカ(Stenella coeruleoalba)を作りましたよ。

マイルカに負けず劣らずポピュラーなイルカで、東京・上野の国立科学博物館には骨格標本や実物大の模型もあるくらいですが、飼育例は少なく、私も実物を見たことがなかったので、ついつい順位が後回しになっておりました。
スポンサーサイト

テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

オウギハクジラ、完成。

モデリング完成ショット
アカボウクジラ科オウギハクジラ属、オウギハクジラ(Mesoplodon stejnegeri)。
体長5mほどのクジラで、オスの持つ、扇に似た形の歯が、和名「扇歯鯨」の由来です。

そして、私が実物を見、撮影したことのある、アカボウクジラ科の唯一の種でもあります…といっても、それは座礁した死体でしたが。



観察記録と座礁例より、日本海から北太平洋にかけて分布していると思われます。
胃の内容物からイカを捕食しているらしいことまではわかっています。

ところが、それ以外の生態は、殆ど知られていません。
動画、静止画を問わず、生きた個体の資料は、殆どないのですから。

オウギハクジラ属は種類が多く、どれも同じようにあまり知られていないので、海上で見かけても同定は困難です。
とくに、特徴的な歯の萌出していないメスを遠くから見分けることは、不可能と言ってもいいでしょう。

つまるところ、色や模様さえも、定かではないと…。



死体ならば、そこそこの頻度で打ち上げられています。
ですが、羽毛や毛皮を持たないクジラの仲間は、死ぬと本来の体色が急速に失われます。
例えば、昔の図鑑や文献では、スナメリが黒く描かれているものが少なくありませんが、これは画家が生きた個体でなく、死後、変色した個体を参照したためと推測されます。
そんな調子ですから、死体は、色や模様の参考にはなりません。

…ならない筈でした…。



先日、1972年に撮影されたという、座礁した生きたメス(または若いオス)の画像に出会いました。

なんと、その模様が、手元にある死体の写真と、非常によく似ていたのです。

1997年に私自身が撮影したものは、死後の体色変化が殆ど進んでいない、非常に状態の良いものであった可能性が浮上しました。

俄然、やる気が出ます。

不十分な資料でしたが、メスは茶色で作ることに決めました。
いっぽうのオスは、全身ぼぼ黒、というのが一般的な解釈です。



で、出来上がったのが、画像の2頭。
上がメス、下がオスです。



クジラの仲間で、雌雄の体色が顕著に異なるものは、少なくともアカボウクジラ科の他では、例がありません。
そんな観点からも、ほんとうに珍しい生き物なのかもしれません。



…が、いまだに、どちらか、あるいは両方、やっぱり間違ってましたわ、という可能性もあったりします。

まあ、そのときは作り直すことになるのでしょうね。

テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

なぜか突然ピラミッド

ギザのピラミッド


…を作ってしまいました。

SecondLife住民のSNSのひとつ、「そんくす」にあるコミュニティのひとつで、「ものづくりしりとり」というのをやってまして。

今回は「ぎ」のつくものを作るか、あるいは既に作ったものを出すかして、スナップショットを投稿する、ということになりまして。

で、思いついたのが「ギザのピラミッド」だったのです。



…いや、白状します。
ホントは最初に思いついたのは、「餃子」なんです。
でも餃子だったら、まずスカルプテッド・プリムでモデリングからやらないといけないし…。



さて。

ピラミッド単体は、めちゃめちゃシンプルです。
通常プリムの直方体を絞って四角錘にするだけ。
正8面体の上半分と考えると、タテヨコはそれぞれ高さの√2倍ですが、まあ近似値で十分でしょう。
材質>凹凸で表面を荒らすとなお良し。

これを、ただの「ピラミッド」ではなく、「ギザのピラミッド」に仕上げます。

ネットで検索すれば、航空写真や配置図が入手できるので、これを取り込み、大きさや位置を合わせます。
方角も、けっこう大事かも。

今回作ったのは、おなじみの3大ピラミッドと、これに付随する王妃の墓6つ。
カフラー王のだけは、8合目あたりの特徴的な段差に、1プリム余計に使ってます。



さて、オブジェクトができたら、いよいよ撮影です。
実物の1/10にも満たないミニチュアですが、心配は要りません。

SecondLifeビューアには、「自然環境エディタ」という、空や水や光の調子を自分好みに変更する機能がついています。

これで、主に空気の透明度を下げて、遠近感を強調。

で、出来上がったのが、上の画像。
思いついてから画像の完成まで、1時間かからずにできましたよ。

テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

バリィさん

Bary_san_in_SL.jpg
こないだ、インワールドで「くまモン」を見かけたので、対抗して(?)「バリィさん」を作りましたよ。

なんのことやらわからない人もいると思うので解説しておくと、くまモンは熊本県の、バリィさんは愛媛県今治(いまばり)市の、ご当地マスコットです。
2011年に行なわれた「ゆるキャラグランプリ」の人気投票では、くまモンが1位、バリィさんが2位を獲得しています。

で。

そうは言っても著作権のあるもの。
私自身もクリエイターの端くれですから、ちゃんとしとこうと思いまして、営利目的ではない旨、権利を持つ第一印刷さんに連絡し。

晴れて!

許諾をいただきました。

いちおう【公認】なんですよ。

テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

儒艮堂店主

Author:儒艮堂店主
SecondLifeで、建築物、樹木、タイニーアバター、海洋生物などを製作中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。