スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトコンテストで入賞しましたあ。

フォトコン2013

去年の末にエントリーした、「第四回!今年も寒いよ!江戸吉原温泉フォトコンテスト!!」の審査結果が、先ごろ発表されました


なんと、SLTV賞と、萌空海賞の、ダブル受賞!

ということで、賞金までいただいてしまいましたよ。
スポンサーサイト

テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

ZHAO-II MB2 ZEN Skin 3、完成。

ZenSkin3_pop480.jpg
画面の隅に常駐させても目障りでなく、かつ視認性の高いAOのHUDを目指して、ZEN Skinというのを作ったのが2009年のこと。

あ、AO(エーオー)って何?というかたは、リンク先を読んでくださいね。
ちなみにHUD(エイチユーディー、またはハド)というのは、Head Up Displayの略。
ビューアのウィンドウをバイザー越しの視覚に見立てて、装着すると仮想世界の中でどっちを向いてもウィンドウ内の定位置に表示される、他人には見えないオブジェクトを、こう呼んでいます。

さて。
当時はスクリプトもちんぷんかんぷんだったので、オープンソースのHUDをそのまま流用し、ボタンの画像だけ貼り替えたような代物でしたが。

HUDの折りたたみ/展開の部分をぜんぶ書き直せる程度のレベルになったので、横方向に展開する仕様に改めて、見た目を一新しました。

もちろん、オープンソースの理念を尊重して、改変、複製、譲渡、ぜんぶOK。
ポーズ屋さん、アニメ屋さんにも、イレモノとして自由に使ってもらえます。


とはいうものの。

FireStormみたいに、ビューアにもAOがつく昨今、新しいHUDにどれだけ需要があるやらわかりませんが。

テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

でかパンダぬいぐるみ、発売!

でかパンダぬいぐるみ

タイニーパンダのために作ったパーツを使って、でっかいぬいぐるみを作りましたよ。

SecondLifeは、楽しいけどちょっとだけ面倒臭い世界です。
どんなに見た目のいい椅子やソファを作っても、どの位置に、どの向きで、どのようなポーズで座るのか、作者や持主がスクリプトで指定してやらなければ、アバターはとんちんかんな場所に腰掛けたりします。

ということで、このぬいぐるみ、造形だけでなく、ポーズも、どどん、と奮発しましたよ。

インワールドでフリーで配布されていたポーズ7種類に、自作2種類、合わせて9種類のポーズが組み込まれていて、頭とか腕とか爪とか、タッチする部位(プリム)によって、画像のように、ポーズと、座る位置が変わります。

そして。

ポーズには、「ハズレ」もあったりして。
しかもけっこうな確率で(おい



テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

2013年のセカンドライフで、なんとなく考えたこと

オリエンテーション島全景

このブログの、ふだんの雰囲気には似つかわしくない、わりとデリケートな話題ですが、最近感じていることを文章にまとめようと思います。

SecondLifeで、いろんなアバターを通じて、いろんな「中の人」と接しているわけですが、おそらくそのお陰でしょう、いつの間にか、私の中でマイノリティに対する偏見が殆どなくなっていることに、ある時気付きました。



ここで言うマイノリティとは、思想信条的な少数派ではなくて、例えば身障者のかたや、HLBTなどと括られる性的少数者の皆さんのこと。
仮想空間とはいえ、SecondLifeは、かれらが普通に暮らせ、「そうでない人々」と普通に~それと意識することさえなく~共存できる世界なのです。



ヘルプ島全景

改めて紹介すると、SecondLife(セカンドライフ)は米リンデンラボが提供する3DCGで作られた世界。
「ゲーム」と紹介されることもありますが、一般的なゲームのような、決まったストーリーやクエストはありません。
一般的な社会ルールから外れなければ、なにをしても、なにを創造してもよい、というコミュニティです。

その中で、参加者は皆自由に着飾り、ひとと対話し、ときに恋をしたり結婚したりするのですが。



対話の手段は、音声も使えますが、大半がキーボードを使うテキストチャットです。
移動も、歩くなり乗り物に乗るなり、テレポートするなり、すべてキーボードとマウス、またはこれに代わるデバイスがあれば可能です。
ですから、「中の人」は、聴覚に障害があっても、四肢が不自由でも、重い病気で寝ていても、インワールドでは、他のおおぜいの人となんら遜色なく暮らせます。


相手の視覚的な情報は、アバターとそのファッションが全てです(プロフィール欄に顔写真を掲載している人はいますが、それだって本人の写真とは限らないでしょう?)。
アバターは女性・男性から、人間でないものまで選ぶことができ、それらをいつでも、自由に取り替えることができます。

性同一性障害の人は、本来の性になることができます…と書くと却って大仰かもしれません。
実際には、多くの人が、男女両方のアバターを持ち、とっかえひっかえ好きに使っていますから、そもそも『性同一性』という概念自体が存在しない世界なのです。

さて、SecondLifeには、現実の結婚に類するものとして「パートナー」という仕組みがあります。
小額のリンデンドルを支払ってパートナー契約をすると、自分のプロフィール欄にパートナーの名前を載せることができます。
一夫多妻、みたいな多人数の契約にはさすがに対応していませんが、パートナーとなる2人は性別を問いません。
男女はもちろん、男性同士、女性同士でもパートナーになれます。
アバターが男女ペアだって、中の人は同性同士かもしれませんし、性別が逆転しているかもしれませんよ。



まあ、そんな世界ですから、いろんな人と普通に接するだけでも、差別や偏見はどこかへ行っちゃうわけですね。



…かくいう私はといえば、インワールドではそもそもニンゲンでさえもないわけですが。

テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

タイニージャイアントパンダ

ひとつ前の記事で、わかる人はぴんと来たと思いますが。

スカルプパンダ完成1

じゃーん。

無駄にリアルな(笑)、ジャイアントパンダのタイニーアバターです。

じつは、ジャイアントパンダは、私が最初に作ったタイニー動物アバターでした。
あらためて見返してみると、2008年2月、なんと5年前。
球体や円筒など、通常プリムを多数組み合わせて、当時は珍しかったリアル系タイニーに挑戦したものです。

ただ。

パンダ好きとしては。

譲れない箇所が。

つまり。


肉球


第六の指とも言われる、ジャイアントパンダの前肢に特有の肉球が、表現しきれていなかったのでした。

スカルプパンダ完成2

これですよこれ。

5年ぶりのリメークで、スカルプテッド・プリムを駆使し、ついにここまで辿り着きましたよ。



…でもこれ、クジラみたいな学術的な資料じゃなくて、ただのタイニーなんですよね…。

テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

儒艮堂店主

Author:儒艮堂店主
SecondLifeで、建築物、樹木、タイニーアバター、海洋生物などを製作中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。