スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表計算ソフトとペイントソフトを使ってスカルプのUVテクスチャを手書きする

かまくらの中の水神様の祠を、スカルプテッド・プリムで作り直しました。

…手書きで。

…ええ、プリムオーブンも買ったんですけどね。



水神_通常プリム

まず、直方体の通常プリムだけでできたオブジェクトを、



水神_メタセコ

metasequoiaでそっくりコピーします。
これは、頂点の座標を簡単に取得するためです。



水神_OOo

そして、すべての頂点の座標を、OpenOffice.orgのCalcに転記します。
それから関数をがちゃがちゃいじくって、頂点のx,y,z座標をRGBの値を表わす文字列に置き換えます。
16進数への変換は、Excelだとなんちゃらアドインを組み込まないといけないみたいですが、OpenOffice.orgだと、そのままでBASEという関数が使えるので便利です。

ちなみに、x軸を奥行きとした場合、SecondLifeの中ではy軸が幅、z軸が高さを表わすのに対して、metasequoiaではy軸が高さ、z軸が幅となっており、しかもx軸に対して幅の数値の増え方が逆なので、計算するときには注意が必要です…って、そんなtips誰もいりませんかそうですか。



水神_GIMP

さて、そんなこんなで得られたRGB値を、GIMPの「描画色を変更」ウィンドウの「HTML値」の欄にペーストすれば、欲しい色ができるので、これを鉛筆ツールでちまちま塗ってゆきます。



水神_完成

出来上がったものが、画像の左手前の祠です。

ちなみに右奥にあるのが、プリムオーブンで作ったもの。

「形」は、正直言って、プリムオーブンとなんら変わりません。

ただ、手書きすることで、エッジのきいた多面体への影の落ち方を、よりリアルにすることができます。
また、垂木(屋根の上に乗った部材)のようにテーパーがかかっているパーツも、向きに縛られることなく、テクスチャの木目に合わせて造形することができます。

…まあ、おそろしく手間はかかるので、あんまりおすすめはしません…手書きUVマップ。
スポンサーサイト

テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

儒艮堂店主

Author:儒艮堂店主
SecondLifeで、建築物、樹木、タイニーアバター、海洋生物などを製作中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。