スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じわじわ来てる

kaede_autumn.jpg

あんまり商売をする気もなくMarketplaceにアップしたのに、何故か、売れているアイテム、というのがあります。

まあ、華やかなアパレルのトップブランドとは比べるべくもありませんが、それでも、儒艮堂としては、これは何かおかしいぞ、と思うくらい、数量ベースでは売れているのです。

それが、この、楓の木。

きょう、ついに、これを絶賛してくださるレビューまで寄せられてしまったので、記念に記事にしておこうと思います。



2007年、私をSecondLifeに引き込んでくれた恩人が運営していた和風のSIMのために、何種類かの和風の樹木を作りました。
当時はまだ、スカルプテッド・プリムというまったく新しい技術が正式リリースされるかされないか、という頃。
あらかじめリンデンラボが用意した植物で満足できないユーザーは、テクスチャを貼った薄い板状の通常プリムを2~4枚組み合わせて自作する、というのが一般的でした。

通常プリムの木_上から

上から見ると、こんな感じ。

メッシュやスカルプテッド・プリムで作られた最近の立体的な樹木と比べれば、随分と時代遅れなので、その和風のSIMが閉鎖されてからは、ずっとインベントリの肥やしになっていました。

それが、今年4月のJapanFairで、やはり当時作った、同じ構造のソメイヨシノを展示することとなり。

プリム数を節約するために、板状の3枚の通常プリムを、メッシュに置き換えました。

ここに至って、せっかくだから、と楓もリメイクしまして。

2007年当時はバラ売りだった、春、夏、秋の葉の色のバリエーションも、スクリプトを入れてタッチで切り替えられるようにしまして。

7年も前のアイテムで今更商売する気もないけれど、さすがにフリーは嫌だなあ、程度の感覚で、コピー可&編集可で30L$に設定しましたところ。

なんだか、じわじわ、来てるみたいなのですよ。



そのうちどこか、海外の人のお庭で、この楓を見つけたら、「ヘイ、このジャパニーズ・メイプルを作ったのはダチなんだぜ」くらい言ってやると、楽しいかもしれませんよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

儒艮堂店主

Author:儒艮堂店主
SecondLifeで、建築物、樹木、タイニーアバター、海洋生物などを製作中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。