スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカルプテッド版・マイクロプリムの作りかた

通常プリム以外の、マイクロプリムの作りかた、第2弾です。

今回は、スカルプテッド・プリム。

念のためおさらいしておくと、色や模様を表現するテクスチャの他に、プリムの形を指定するためのテクスチャ(以下、これを「UVテクスチャ」と呼びます)を使うプリムです。
UVテクスチャの、各ピクセルのRGB値をXYZの座標に見立てて、四角面が1,024ある立体を描画する、という仕組みです。

スカルプテッド・プリムは、頂点数やその配列に制限があるので、メッシュのように三角面を追加、ということができません。

そこで、テキトーな頂点を2個借りてきて、サイズを偽装してUVテクスチャを書き出したのち、画像編集ソフトを使って、UVテクスチャを直接編集する、という作業になります。



1、複数の頂点が1か所に集まった箇所を持つ形状の場合…スポイトツールでラクラク

マイクロスカルプ01

球体の両極や、両端の閉じた円柱の終端では、たくさんの頂点が1箇所に集まります。

マイクロスカルプ02

ここから、頂点を2つ借りて、1cm角の立方体の対角線に配置します。

マイクロスカルプ03

試しに面を貼ると、こんなふうになりますが、気にしないでUVテクスチャを書き出してください。



さて、書き出したテクスチャが、こちらです。
1か所に集まった頂点は、UVテクスチャでは同じ色になります。

マイクロスカルプ04

上端の左右に見える、あきらかに異質な白と黒の点が、サイズ擬装に使った頂点です。
これを、スポイトツールと塗りつぶしツールを使って、上端の他のピクセルと同じ色にして保存すれば、作業終了です。



2、トーラス、チューブなど、重なる頂点を持たない形状の場合…モデルを2個用意してラクラク

1,024個の頂点に、すべて固有の「色」が割り当てられている場合、サイズ擬装のために頂点を移動してしまうと、あとから元の位置の「色」を取得することは困難です。
そんなときは、モデリングができた時点で、擬装用の頂点を用意する前にモデルを複製しておき、それぞれ、別々の頂点を擬装用に使います。

マイクロスカルプ07

モデルごとに、なるべく遠く離れた場所のほうが、あとでわかりやすいでしょう。


この2つのモデルからそれぞれUVテクスチャを書き出し、画像編集ソフトで開きます。
擬装した頂点は、だいたい、周囲とあきらかに色が違うので、すぐわかると思います。

マイクロスカルプ05

あとは、一方の、擬装したピクセルを含まないエリアを、がばっと選択・コピーして、もう一方の擬装ピクセルを含むエリアの上に、べたっと貼り付ければ、修正完了です。

マイクロスカルプ06

マイクロメッシュとは異なり、マイクロスカルプには、小さくできる限界があります。
UVテクスチャの色の階調がRGBそれぞれについて0~255なので、マイクロプリムとして使用する場合、1/255cmより細かい凹凸は再現できないので、注意が必要です。

※ このエントリーは、「セカンドライフ技術系 Advent Calendar 2014」に参加していますよ。
スポンサーサイト

テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

儒艮堂店主

Author:儒艮堂店主
SecondLifeで、建築物、樹木、タイニーアバター、海洋生物などを製作中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。