スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪下駄

SecondLifeには、ラッキーボード、ラッキーチェアというものがあります。

これは、おもにショップが設置するベンダーの一種で、一定の間隔をおいてイニシャルがランダムに表示されるようになっており、表示されているものと同じイニシャルを持つ人がタッチする(ラッキーチェアの場合は座る)と、景品がもらえる、というものです。
一般に「フリービー(Freebie)」と呼ばれる無料のアイテムよりも品質の良いアイテムがもらえる(まあ、もちろん自分のイニシャルが出なければもらえませんが)ので、人気ショップのラッキーボードの前には人だかりができていたりします。

さて。

Kyoto Bakumatsu SIMのイベント「きもの市」にも、そのラッキーボードが多数出ています。

Sakka's Studio さんのそれは、落ち着いた着物一式のセットで、足袋までいっぺんに着られます。
でも、履き物はついてない…。

ということで、急遽、下駄を自作することにしましたよ。

ご存じのように、下駄のおおよその形は、直方体3つでできていますから、通常プリムでちょいちょい、と。
女物なので、前後は円柱を使って丸みを出し。
テーパーをかけた薄いプリムを重ねて、角を取り。

専用下駄

…てな感じで、まあ、制作時間の9割は、鼻緒にするトーラスの変形に使いまして、ごくベーシックな下駄を作ったわけです。

いっぽう、現実世界では、外は雪…。

そうだ、雪下駄を作ろう!

雪下駄は、底に雪が付きにくいように、横から見ると歯の形が台形になっています。
そして、防寒、防水のために、爪掛けと呼ばれるフードを併用することが多いみたいです。

通常プリムをいろいろ組み合わせてみたものの、爪掛けの曲面だけは、どうにも上手く作れなかったので、ついに諦めて、メッシュに。

ここまでオール通常プリムだったのに、ああ、悔しい。

で。

癪なので。

雪下駄スパイク付

通常プリムで、スパイクまで完備してみたり(なにをそんなにムキになっているんだろう…)。



なにはともあれ、創作意欲を刺激してくれた、Sakka's Studio さんには、ホント感謝です。


スポンサーサイト

テーマ : Seond Life(セカンドライフ)
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

儒艮堂店主

Author:儒艮堂店主
SecondLifeで、建築物、樹木、タイニーアバター、海洋生物などを製作中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。