スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドウイルカ

ハンドウイルカ

水族館でもおなじみの、ハンドウイルカ(Tursiops truncatus)です。

左端の紫がかった個体は、2007年に通常プリムだけで作ったもの。
あとの3頭は、この10月にスカルプテッド・プリムで作ったものです。

前々作のハシナガイルカは、ともかくも1プリムで作りました。
前作のマイルカは、フォルム重視で胸びれと背びれは別プリムとしました。

今回のテーマは、省プリムとフォルムの両立。
なめらかな胴体の頂点を大胆に減らして、ひれに割り当てました。

その結果。

ああ、ハンドウイルカでよかった…。

頂点を強引に引っ張ってくると、テクスチャのマッピングが大きく歪んでしまうので、例えばマイルカのようなきれいな模様を貼り付けるのは、とても難しくなるみたいです。
全体にぼんやりした塗り分けのハンドウだったので、なんとかごまかしましたが…。



1984年に公開された映画「2010年」では、主人公のフロイド博士の奥さんは海洋生物学者という設定のようで、キッチンが海とつながっていて、野生のハンドウイルカが遊びに来てました。
憧れたなあ。

あ、来年じゃん、2010年。



2010年 [DVD]2010年 [DVD]
(2009/09/09)
ロイ・シャイダージョン・リスゴー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

儒艮堂店主

Author:儒艮堂店主
SecondLifeで、建築物、樹木、タイニーアバター、海洋生物などを製作中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。