スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実世界で作るものをセカンドライフで設計すること

バーチャルけこみ
リアルで使う舞台装置の設計に、SecondLifeを使ってみました。

従来であれば方眼紙に手書きしたり、Illustratorで描いたりと、いずれにしても二次元の作図をしてところを、今回、SecondLifeでいきなり3Dでやってみようというわけです。

昨今、仮想世界のコミュニティはSecondLifeのほかにも多数存在しますが、その中でも、ユーザがまったく自由に「モノ作り」できるのは、私の知る限り、いまだにSecondLifeだけのようです。

さて、さっそくログインして、サンドボックスでプリムを組みます。

ミリ単位まで正確な実物大のモデルが作れて、しかも視点を自在に変えられますから、全体のバランスも、部材の合わせ目も、その場でぱぱっと見られます。
で、出来上がったら、部材の寸法をちゃちゃっとメモ書きして、設計完了。

これ、意外と便利かもしれません。



…私の腕と工具で、設計どおりに作れるかどうかは、また別の問題だったりしますが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

儒艮堂店主

Author:儒艮堂店主
SecondLifeで、建築物、樹木、タイニーアバター、海洋生物などを製作中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。