スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリムの概要…にかこつけた作品紹介

セカンドライフでのモノ作りには、プリムという立体を使います。
プリムは大雑把に、通常プリムとスカルプテッド・プリムの2種類に分けられます。

通常プリムは、直方体、球体、円柱などの幾何学的な立体群。
これらを伸ばしたりつぶしたり、ひねったり傾けたりしながら組み合わせて、形を作ってゆきます。
インワールド(セカンドライフの中)だけで造形を完結できますが、複雑な形を作るにはたくさんのプリムが必要です。

まっこうくじら1

え~、こちらが、2007年の秋に、通常プリムで作ったマッコウクジラです。
全30プリム使用。


スカルプテッド・プリムは、XYZの座標情報をRGBの色情報に置き換えたUVテクスチャを読み込ませて、自由な形を作れるプリムです。
造形の自由度は通常プリムとは比較になりませんが、画像から形を描画するのはおのおののパソコンに負荷をかけるので、濫用すると非常に表示が遅くなったりします。
あと、UVテクスチャは、よほどシンプルなものでなければ、3DCGモデリングソフトの支援なしには作れません。

まっこうくじら2_1

こちらが今月、スカルプテッド・プリムを使ってリメイクしたもの。

まっこうくじら2_2

8プリムで、歯までついてます。

実は、今年になってようやくMetasequoiaの使い方を覚えまして、好きな形のUVテクスチャが自作できるようになったのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

儒艮堂店主

Author:儒艮堂店主
SecondLifeで、建築物、樹木、タイニーアバター、海洋生物などを製作中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。